2017年5月17日水曜日

やはり、ここちよく。


風水というと、
この方角に、この色のもの。
この方角に、この形のもの。
と、いろいろなルールがあると思っている方が多いと思うのですが、
いえ、私が、そう思っていたのですが、
陰陽師二十六代目とい方のお話で、

世の中は
真氣と邪氣があり、
真氣をいかに自分のまわりに集められるかが、幸運を引きつけるヒケツだと。
その、真氣が集まっていると知るサインは、

でました!
「ここちよいこと」
だと!

つまり、ルール通りにこの方角にこの色のものを置いても、
自分がここちよくなければ、それは、邪気  なわけです。
そして、当然のことながら、となりの人と、ここちよい状態は違って当然なわけ。

じゃあ、ルール通りに行って、幸運を引きつける人もいるのですが、
それは、たまたま、
自分のここちよい状態、好きな状態が、ルールと同じだったわけです。


真気のなかに身を置いていると、
つまり、ここちよくあると、
当たり前のように健康はついてくるのではないでしょうか。


おまけですが、以前 人気だったテレビドラマ「Dr.コトー診療所」のセリフで、

病気はね、もちろん薬や手術でよくなる。
それは間違いないことなんだけど、
でもね、それだけじゃないんだよ。
病気はね、気持ちが楽になると自然とよくなってくる。
それを手助けしてあげるのも医者の仕事なんだ。
心と体はつながってるんだね。




ですって。






























2017年5月11日木曜日

チャンネルが合う。


ある牧師先生が、

「牧師の仕事は、信者をいい気分にさせることだ。」

といっていました。また、

「祈るときは、リラックスして祈れるようになるまで祈る。」

とも。

これって、真理なんだろうな…。

リラックスしていて いい気分

冥想も、この状態になりますね。

神さまとチャンネルが合っている状態なのですね。

神さま、宇宙の真理、ハイヤーセルフ、真我、ブラフマン、潜在意識 etc…、

それぞれの人にとって、いろいろな呼び名があるのでしょうが。




体の健康は心と切り離せるはずはなく、
心の健康は、自分の中の本当の自分(魂としましょうか、)と切り離せるはずはなく、
その調和がとれていることが大切で、その調和がとれているサインが、

喜び、
平安、
安心感、
解放感、
感謝の気持ち、
ワクワクする気持ち、

などの いい気分
という自分の感情なのかな。


喜びには喜びが増し加わる。
ですね。






























2017年5月6日土曜日

いい気分ってどうやって。


簡単にいい気分といっても、
嫌な気分の時に、いい気分になるのって難しい時もありますよね。
もがけば もがくほど深みにはまっちゃうことだってある。

いい気分ってどうやってなるの?

ところがこれも、万人にとっての一つの正解はないんだな…。
ひとそれぞれ。

指紋の同じ人がいないのと同じで、
そう、同じ人はいないんですよね〜。


いい気分になる方法を、ポケットいっぱいに持っているといいです。
と、エイブラムも言っていますが、


たとえば、私だと、

冥想する、祈る、呼吸法で落ち着く、イメージワークをする、各種のセルフセッションをする、元気が出るポーズをする、歌う、散歩する、ヨガ、もちろん自力整体する、など。

で、どうにもならない! といことはない。
必ず抜ける道はあるんですね。


それと、嫌な気分の時に、
「どうして、こうなっちゃったんだろう……?」
って考えないことがポイントだと思います。

なぜかというと、落ち込んでいる時には、けっしてその答えは見つからないし、もっと深みに行っちゃう。

とりあえず、いい気分になることをして いい気分になる!
とりあえず、一瞬、問題は横に置いて、自分をいい気分にする。
いい気分になった後には、答えは、考えなくても分かる状態にあると思います。

自力整体のいいところは、
ああしてこうして、と、治そうとしないところだと思っています。
もちろん、そうすることが気分がいいなら、そうすればいいけど、
とにかく、自分が気持ちいいと感じるように自分を信頼して動く、ゆする、刺激する。
あとは、体が教えてくれるし、自然治癒力 発動! で、自然に治ってくれる。
私は、そこが好きです♡


































2017年5月5日金曜日

いい気分。


あなたがいい気分でいること以上に
         大切なことは何もない。 エイブラハム

わくわくは、万能クリーナーです。      バシャール

いつも喜んでいなさい。           聖書

心がしずまれば、世界全体がしずまる。
    こころがすべての原因である。   ラマナ・マハルシ

笑う門には福来たる。                 ことわざ



自力整体と出会って、体にドカーンと大変化が起こった私ですが、
今、気づいてることがあります。

自力整体が素晴らしいのは、そのとおりなのですが、
それ以上に、私のこころが、喜んだということなのです。


何年間も、腰痛で、眠る時はあおむけに大の字になれなかった。
横向きに寝る、だるくなるから向きを変える、繰り返す。
いつもいつも腰痛が心配だった。
くりかえしますが、それが何年間も続いていたのです。

それが、たった一回の自力整体で、その日から
眠るのが楽しみになったのです!


嬉しいを通りこして、もう、歓喜です!


そのこころの状態が、細胞レベルのエネルギーまで急激に変えてしまったのです。

だから、外側に答えをさがしに行ってもいいから、
それに対して、自分の中の自分、正直な自分は、喜んでいるかどうか、
そこが鍵だと思います!

誰かがコレでよくなったから、憧れのあの人がやっているから、じゃなく、
自分がいい気分かどうかなのです。

100人いたら、100通りなのです。

でも、自分の中の自分の声、
ずっと長い間、聞いてこなかったら、聞きまちがうこともあるんですよね。

でも、続けていると必ず聞こえるようになる。
感情(自分の声)のない人はいないから。



























2017年5月4日木曜日

トライ & エラー。


ずっとね、どうやって伝えたらいいんだろう…。
と考えたり、本読んだり、試したり、いろいろもがいていて、
はっきり、完全じゃなきゃ伝えちゃダメだよと思ったりしていたのですが、
はっきりするの待っていたら、人生終わっちゃうよ!
と思い、書いてしまうことにします♡


前にもふれたことあったでしょうか?
たとえば健康法も、自分の答えは自分の中にある、と。


健康に自信を持てない人がいろいろ試しているうちに、


これだ!!


というものに出会う。

私の場合は、自力整体との感動的な出会いでありますが、


ある人は、
走ること。

また、ある人は、
ヨガ。

またまた、ある人は、
気功。

歌うこと、ダンス、合気道、登山、etc…。
あるいは、天才的な治療家さんとの出会いかもしれない。



また食事法にしても、

菜食、糖質制限食、3食しっかり、1日5食、ローフード、和食、少食、超少食、不食etc…。



人それぞれなのですね。




そこに、「正しい」「間違ってる」
「いい」「わるい」


は ないですよね。

その人の答えは、その人の中にあって、
100人いたら100通り。

とんでもない量の情報量の中で、外側の情報に振り回されていたら疲れ果ててしまうのではないでしょうか。

私はそうでした。

せっかく、自力整体との出会いで、不健康から超健康になれたのに、
情報の中で迷子になって、
ちょっと手足は冷えてるけど、まあまあ健康な人になっちゃった。
それだって、ムカシの私からすれば、おんの字 なのに、
一度、超健康を味わうと、まあまあでは、自分にオッケーをだせなくなっちゃった。
「これじゃダメだ、私は自力整体を伝える資格がない!」
自分を責める責める…。
かわいそうな、私の中の私…。


でね、自分の声が聞けるようになると、
好きなものを好きな時に、好きな分だけ食べていれば、
健康になるし、肌はきれいになるし、美しくやせるし、
ということが起こっている人もいるわけ。

その時の自分の声だから、
ある日は、お肉、アイスクリーム、だったりすることもあるし、
もう、今日はレタスしか食べたくないということもあるだろうし、

女性は特に、「あっ、そういうことある。」
とわかってもらえるのでは。

ただ、レタスはいいとして、
お肉とアイスクリームの時は、
食べた後に、罪悪感が湧いてくる方もいるんじゃないかな…。
「あぁ…また、肌があれてしまう…わたしはなんて意思が弱いんだろう…。」
なんてね。

肌があれてしまうのは、お肉やアイスクリームのせいではなくて、
その、罪悪感のどんよりしたエネルギー状態なのだと思うのですよ。
あるいは、お肉やアイスクリームは体に悪いという思い込み、観念というもの。

といようなことを最近ずっと考えては試し、
トライ&エラー している私です。
































2017年1月15日日曜日

写真で気づく。


最近は、油断しているうちに誰かに写真を撮られて、
フェイスブックにダグ付けされてから、自分の姿を写真で見ることがあります。
そこで気付く。

「あぁ〜、私、この時楽しかったんだなぁ〜。」
とか、
「あぁ〜、私、ガマンしていたんだなぁ…。つまらなかったんだなぁ…。
私自身に悪いことしたなぁ…。かわいそうなことしたなぁ…。」
って。

体(顔)は、表現しているんですね〜。自分の根っこの声を。

最近の私は、そんな時、気づきのチャンスというか、気づいてラッキー♡
と思います。
実際そうなんです。
大きな流れ、えっと、勇気をもって書くと、神様の流れ に気づいて生きるのに、
とってもありがたい気づきなんですよね。
根っこが喜んでいないことは、自分の根っこに付いている、ネガティブな観念だったり、神様の流れに逆らっているからうまくいかないんだなぁ。
つまり、苦労する、とっても大変な思いをする。

その反対に、根っこが喜んでいることは、楽々ことが運ぶし、楽しいし、
思いもよらない、会ったことが自分自身に会える♡

何度も書いたかもしれないけれど、
ずーっとムカシ、一目ぼれした人と奇跡的に恋人同士になれて、
そのデート中、化粧室の鏡で見た自分の顔をみた衝撃…。

「えっ…えっと、誰? 私!?」

今まであったことがない、魅力的で可愛い輝いてるワタシ。
本当に、あまりの驚きに、時間が止まりましたよ〜。

体(顔)は、表現しているんです、自分の根っこを。

恋愛に限らず、本当に自分が喜んでいるか、嫌がっているか、
体からくるサインに気づいていこう〜ワタシ♡







































2017年1月12日木曜日

愛の本質。


昔からの友人が集まると、
「初恋の人は誰だったの?」
というような話題になったりします。
その時ワタシは、ずっと、「T君が初恋の人♡」
と言ってきたのですが、実は、その前にも好きな男の子はいたのであります。
でも、T君にたいする思いから、
せつない、苦しい、胸がキューンと痛む、彼にも私を好きになってほしいなど、
大人の思いになったわけ。
T君に たいする想いは、秘密で、誰にも知られたくなくて、
仲のよい、たった二人の女の子にしか言っていなかった〜。

でも、その前までの「好き」は、
同時に3人くらいは好きで、オープン。
お掃除に時間などに、
「一番好きなのは◯君で、二番目は⬜︎君、三番目は△君〜♫」
なんて、みんなで言い合って、恥ずかしいもないし、
もちろん、苦しいも切ないもなし。相手が自分を好きかどうかは
あまり気にしていなくて、ただ、好きで、それでハッピー♡
うきうき、わくわく なわけです。

ところで、私たちのコアにある意識は、宇宙意識つまり神さまにつながっていますが、
神さまはどんな存在かというと、「無条件の愛」の存在と言われます。
誰か対象がいるから、その人を愛する。
というのではなくて、すべての存在を同じく愛している。
もっと言えば、存在自体が愛。なわけです。

とすると、私が経験してきた「好き」は、
どっちかというと、未熟な子供の恋と思っていた方が、より、ピュアでエゴが少ない
「好き」だったのですよね。
生まれてから、時間がたつにつれて、いろんな観念、思い込みがくっついて、
人は苦しんでしまうけれど。

聖書にも、「幼子のようでなければ神の国に入ることはできない。」とあるけれど、
じつは、神の本質の愛に近かったのは、切なくなる前の想いだったんだな〜。

そう思うと、また、恋するのもよいね〜♡
なんて思う私でございます。